くらし情報『映画『キーパー ある兵士の奇跡』元ナチス兵士のサッカー選手が英国のヒーローになった奇跡の実話』

2020年8月2日 08:00

映画『キーパー ある兵士の奇跡』元ナチス兵士のサッカー選手が英国のヒーローになった奇跡の実話

映画『キーパー ある兵士の奇跡』元ナチス兵士のサッカー選手が英国のヒーローになった奇跡の実話

映画『キーパー ある兵士の奇跡』が、2020年10月23日(金)より全国公開。

元ナチス兵士のサッカー選手がイギリスの英雄になった奇跡の物語
『キーパー ある兵士の奇跡』は、ナチス兵士の主人公、バート・トラウトマンが終戦後にサッカー選手としてイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、イギリスの国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。

多くの逆境に立たされながらも自分にできる素晴らしいプレーを貫くことで人々に勇気を与え続けたトラウトマンの、ドラマティックで波乱万丈な人生に迫る。

ストーリー
1945年、ナチスの兵士だったトラウトマンはイギリスの捕虜となる。収容所でサッカーをしていた時、地元チームの監督の目に留まり、ゴールキーパーとしてスカウトされ、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」に入団。ユダヤ人が多く住む街で、想像を絶する誹謗中傷を浴びながらも、トラウトマンはゴールを守り抜いた。やがて彼の活躍によって、世界で最も歴史ある大会でチームを優勝へ導き、トラウトマンは国民的英雄となる。だが、彼は誰にも打ち明けられない〈秘密の過去〉を抱えていた。そしてその秘密が、思わぬ運命を引き寄せてしまう─。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.