くらし情報『エルメス 2021年春夏ウィメンズコレクション、開放感に満ちた新たなセンシュアリティ』

2020年10月9日 16:45

エルメス 2021年春夏ウィメンズコレクション、開放感に満ちた新たなセンシュアリティ

エルメス 2021年春夏ウィメンズコレクション、開放感に満ちた新たなセンシュアリティ

エルメス(HERMÈS)は、2021年春夏ウィメンズコレクションをパリ・ファッションウィークにて発表した。

自由な開放感と新たなセンシュアリティ
アーティスティック・ディレクターのナデージュ・ヴァンヘ=シビュルスキーは、夏の自由な開放感と、新たなセンシュアリティを追求。繊細でありながらも、揺るぎなく凛としたスタイルを提示した。

皮膚のように身体に馴染むウェア
印象的なのは、繊細さ、滑らかさをもって肌に馴染むウェアの数々。レザースカートに合わせたボディスーツは背中がざっくりと開いたデザインを採用。背中を最大限に見せつつ、生地を肌にフィットさせることで、素肌と連続した、第2の皮膚であるかのような自然さを演出する。

また、ブラトップの上からミニマルなオールインワンを重ねたスタイリングや、ボディスーツに構築的なストラップつきスカートを合わせたルックからは、ミニマリズムと呼応するセンシュアリティが見て取れる。

直線的なシルエット
直線的なシルエットも特徴的。四角形の切り替えを施したレザーのノースリーブドレスや、テーラードジャケットとテーパードパンツのマニッシュなセットアップ、チェーンモチーフを総柄でプリントしたジャンプスーツなどは、身体のラインにそった端正なシルエットを描き出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.