くらし情報『sacai 2021年春夏コレクション、貫く“らしさ”とシャーデーの存在 - 3年振り日本でのショー』

2020年10月11日 13:05

sacai 2021年春夏コレクション、貫く“らしさ”とシャーデーの存在 - 3年振り日本でのショー

sacai 2021年春夏コレクション、貫く“らしさ”とシャーデーの存在 - 3年振り日本でのショー

sacai(サカイ)の2021年春夏コレクションが、2020年10月7日(水)小田原・江之浦測候所で発表された。

sacai、3年ぶりとなる日本でのショー
sacaiが日本でコレクションを発表するのは、2017年にアンダーカバー(UNDERCOVER)と合同でショーを実施して以来3年振り。今回は、神奈川県小田原市にある、現代美術作家・杉本博司が設計した建築・江之浦測候所にて、ランウェイ形式で新たなコレクションを披露した。

鮮やかな色を伴った軽やかなピース
ショー序盤から複数登場したのが、異素材をボーダーや格子状に組み合わせたデザインのピースたち。シースルーのジャケットやスカートなど、透け感を持ち合わせたアイテムは風にたなびき、軽やかな表情を見せる。

カラーパレットは、カーキやブラック、ホワイトなどをメインに、レッドやダスティーなピンクを追加。前シーズンと比較するとコレクション内での色彩のコントラストがやや強くなった印象だ。

顕在するハイブリッド
“ハイブリッド”というsacaiの核を成す重要なキーワードは、今季も再構築というメソッドを通してコレクション全体に活きる。中でも目立ったのが、テーラードジャケットの要素を取り入れたアイテムたち。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.