くらし情報『ジョン ローレンス サリバン 2021年秋冬コレクション - 身体を守る衣服、様々な“防”の追求』

2021年3月17日 21:20

ジョン ローレンス サリバン 2021年秋冬コレクション - 身体を守る衣服、様々な“防”の追求

ジョン ローレンス サリバン  2021年秋冬コレクション - 身体を守る衣服、様々な“防”の追求

ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)は、2021-22年秋冬ウィメンズ&メンズコレクションを東京の寺田倉庫にて2021年3月14日(日)に発表した。

身体を“プロテクト”する衣服
ジョン ローレンス サリバンのデザイナー・柳川荒士が今季辿り着いたコンセプトは「PROTECT(プロテクト)」。ミリタリーをはじめとする“防”のディテールを拡大解釈し、バイクのモーターサイクルジャケットやワークウェア、スポーツウェア、レーシングユニフォーム、拘束具など、様々な場面における“防具”の要素が盛り込まれている。

ハーネスなど拘束具を配したボンデージスタイル
目に留まるのは、パンクファッションにおいても特徴的な、拘束具を用いたボンデージスタイルだ。端正なテーラードジャケットやトレンチコート、白シャツには、縦横にハーネスが張り巡らされ、規則的にベルトを並べたボンデージパンツをコーディネート。仕立てそのものは至ってオーセンティックなスーツスタイルながら、均等に並ぶハーネスやベルトがエッジィな雰囲気を生み出している。ボンデージスタイルに連動して登場した、レオパードモチーフやメッシュニットなど、パンキッシュなアイテムも目を引いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.