くらし情報『「原美術館ARC」初の展覧会、奈良美智・宮島達男らの現代美術~狩野派の日本画など古美術』

2021年3月25日 09:45

「原美術館ARC」初の展覧会、奈良美智・宮島達男らの現代美術~狩野派の日本画など古美術

「原美術館ARC」初の展覧会、奈良美智・宮島達男らの現代美術~狩野派の日本画など古美術

展覧会「虹をかける:原美術館コレクション」が、群馬・渋川市の原美術館ARCにて、2021年4月24日(土)から2022年1月10日(月・祝)まで開催される。

原美術館とハラ ミュージアム アークが「原美術館ARC」として集約
40余年の歴史を歩んできた東京・品川の原美術館と別館のハラ ミュージアム アークが統合され、2021年4月、群馬県の地で「原美術館ARC」として再スタートを切る。豊かな自然の中にたつ「原美術館ARC」は、漆黒の建物それ自体が美術品のように美しく、館内には、書院造をモチーフとした特別展示室「觀海庵」などが設けられている。設計は世界的建築家・磯崎新が手掛けた。

“虹”をテーマに、多彩な作品を紹介する最初の展覧会
「原美術館ARC」としての初めての展覧会は、多様性や共存、平和の象徴ともいえる“虹”をテーマとし、現代美術を集めた「原美術館コレクション」と、国宝・重要文化財を含む東洋古美術からなる「原六郎コレクション」の中から、様々な国籍や文化を背景に持つアーティストたちの作品を紹介する。なお、本展は第1期と第2期に分かれており、各期で異なる作品に出会うことができる。

約1,000点から構成される「原美術館コレクション」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.