くらし情報『ドラマ「リカ」映画化“高岡早紀が自称28歳の純愛モンスター”に、異色のラブサイコスリラー』

2021年4月3日 15:35

ドラマ「リカ」映画化“高岡早紀が自称28歳の純愛モンスター”に、異色のラブサイコスリラー

ドラマ「リカ」映画化“高岡早紀が自称28歳の純愛モンスター”に、異色のラブサイコスリラー

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』が2021年6月18日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

“自称28歳の純愛モンスター・リカ”がスクリーンに
原作は、第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した五十嵐貴久のサイコスリラー小説「リカ」シリーズ。出会い系サイトで知り合った“自称28歳の純愛モンスター・リカ”にストーキングされ、追い詰められるサラリーマンの姿を描いた作品だ。

2019年には「リカ」としてドラマ化され、2021年にはリカの誕生秘話を描いた「リカ~リバース~」が放送された。今回公開される映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』では、五十嵐貴久の小説「リターン」をベースに、2019年のドラマの最終回、捕まったはずの警察を抜け出して、愛する人の元へと向かったリカのその後を描く。

『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』<ストーリー>
山中でスーツケースに入った死体が発見された。被害者の身元は、3年前、逃走犯の雨宮リカ(高岡早紀)に拉致され行方不明になっていた本間隆雄(大谷亮平)。警視庁捜査一課の奥山次郎(市原隼人)は、潜伏中のリカをおびき寄せるため、偽名を使いマッチングアプリでリカを探し出すことに成功。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.