くらし情報『“ご近所履き”ヘップサンダルから生まれた「ヘップ」の新作、健康サンダルがおしゃれシューズに』

2021年7月15日 18:15

“ご近所履き”ヘップサンダルから生まれた「ヘップ」の新作、健康サンダルがおしゃれシューズに

“ご近所履き”ヘップサンダルから生まれた「ヘップ」の新作、健康サンダルがおしゃれシューズに

サンダルブランド「ヘップ(HEP)」の新作シューズが、中川政七商店(Nakagawa Masashichi Shoten)一部直営店ほかで発売される。

“ご近所履き”ヘップサンダルがモダンに
ヘップ(HEP)は、“履物産地”として知られる奈良の川東履物商店が手掛けるサンダルブランドだ。日本で古くから家庭用サンダル、“ご近所履き”サンダルとして親しまれてきた「ヘップサンダル」を現代ならではの履物としてアップデート。「ニューヘップサンダル」をコンセプトに、ユニークなフットウェアをデザインしている。

「健康サンダル」がプラットフォームサンダルに
そんなヘップから3型の新モデルが仲間入り。新モデルの「JMS」は、健康サンダルをモチーフにしたコロンと丸みのあるシルエットが特徴。

かかとを包み込むようなヒールカップで、心地よい履き心地を叶えている。アウトソールには、神戸のゴム工場に発注したグリップ力に優れたEVAソールを使用。カラーは、カーキ、ブラウン、ブラックの3色展開で、ユニセックスで楽しめる4サイズ展開だ。

運転手愛用「ドライビングサンダル」を“パイソン柄”でモダナイズ
運転手に愛されてきたドライビングサンダルをモダンにアップデートした「DRV」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.