くらし情報『ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』通称チェリまほが映画化、⾚楚衛⼆×町⽥啓太が続投』

2021年12月2日 11:10

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』通称チェリまほが映画化、⾚楚衛⼆×町⽥啓太が続投

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』通称チェリまほが映画化、⾚楚衛⼆×町⽥啓太が続投

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』通称「チェリまほ」が、映画化。映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』として、2022年4⽉8⽇(金)より公開される。⾚楚衛⼆、町⽥啓太が続投。

人気漫画が原作・ドラマ「チェリまほ」が映画化
ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』は、180万部を突破した豊⽥悠の同名漫画を原作とする人気作品。童貞のまま30歳を迎えたことにより“触れた⼈の⼼が読める魔法”を⼿に⼊れたサラリーマンの主人公・安達と、そんな彼に好意を抱く同期・⿊沢によるラブコメディだ。

⾚楚衛⼆と町⽥啓太が出演したドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』は、2021年10⽉期に放送されると、そのあまりにもピュアなストーリー展開と登場⼈物達の愛らしいキャラクター像でヒット。ドラマ界の賞を総なめにし、今や200以上の国や地域で人気を博している。

ドラマ版「チェリまほ」のストーリーをおさらい
ドラマ版「チェリまほ」の物語は、童貞のまま30歳を迎え“触れた⼈の⼼が読める魔法”を⼿に⼊れた冴えないサラリーマン・安達が、社内⼀のイケメンで仕事もデキる同期・⿊沢に触れ、⾃分への恋⼼を聞いてしまうところから展開する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.