くらし情報『「京都・嵐山花灯路-2021」“最後の開催”、渡月橋や竹林の小径のライトアップ』

2021年12月11日 11:35

「京都・嵐山花灯路-2021」“最後の開催”、渡月橋や竹林の小径のライトアップ

「京都・嵐山花灯路-2021」“最後の開催”、渡月橋や竹林の小径のライトアップ

「京都・嵐山花灯路-2021」が、嵯峨・嵐山地域周辺にて2021年12月10日(金)から19日(日)まで開催される。

「京都・嵐山花灯路-2021」で17年の歴史に幕
嵯峨・嵐山の初冬の人気イベントとして17年にわたって行われてきた「嵐山花灯路」。2021年は最後の開催となる。観光名所が点在する京都の嵯峨・嵐山周辺を舞台に、幻想的な光の演出が行われる。

渡月橋のライトアップ
「京都・嵐山花灯路-2021」の数ある見どころの中でも、嵐山の景観を代表する渡月橋のライトアップは必見。渡月橋だけでなく周辺の山裾や水辺などをもライトアップし、雄大で美しい夜の自然景観を演出する。

竹林の小径のライトアップ
野宮神社から大河内山荘庭園に至る竹林の小径のライトアップでは、竹林と光が織りなす幻想的な情景を眺められる。そびえたつ竹が風になびくことで奏でられる音に耳を澄ますのも粋な楽しみ方だ。

“灯り”と“いけばな”の散策路
「ロームが灯す灯りと花の路」は、嵯峨・嵐山地域の自然景観や歴史的文化遺産などを活かし、日本情緒豊かな陰影のある露地行灯の「灯り」と、ボリューム感のあるいけばな作品の「花」で演出を行う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.