くらし情報『A.B.C-Z橋本良亮主演ミュージカル『スワンキング』青年王と作曲家の愛憎劇、東京ほか全国4都市で』

2021年12月12日 04:00

A.B.C-Z橋本良亮主演ミュージカル『スワンキング』青年王と作曲家の愛憎劇、東京ほか全国4都市で

また、天才ピアニスト・リストの娘・コージマ役には梅田彩佳、リストの弟子でありコージマの夫でもある指揮者・ビューロー役には渡辺大輔を起用したほか、ルートヴィヒ二世の弟・オットー役は関西ジャニーズJr.の今江大地、バイエルン王国の秘書官・ルッツ役は牧田哲也、ルートヴィヒ二世が敬愛するオーストリア皇妃・エリザベート役は夢咲ねねがそれぞれ演じる。

脚本・演出にG2、音楽に荻野清子
そんな豪華キャストが集結する壮大な新作ミュージカルを描くのは、新作歌舞伎からブロードウェイ・ミュージカルまで幅広く作品に携わってきた劇作家・G2。音楽は、ミュージカル『日本の歴史』や映画『記憶にございません!』『ギャラクシー街道』など三谷幸喜作品を多数手掛けてきた荻野清子が担当する。

ミュージカル『スワンキング』あらすじ
シュタルンベルク湖のほとりで、不吉な胸騒ぎに襲われるオーストリア皇后・エリザベート。そんな彼女の元に、お互いに唯一心を許した存在であるバイエルン国王・ルートヴィヒ二世の死体が湖から上がったという報せが届く……。時は遡り、とある安宿の一室。作品の上演機会を失い、借金まみれになった天才作曲家・ワーグナーは自らの死を覚悟していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.