くらし情報『インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介』

2018年7月1日 06:30

インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介

目次

・南部鉄器による色々な工芸品
・まとめ
インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介


https://www.instagram.com

岩手県の盛岡市を中心とした地域で作られている、400年の歴史を持つ南部鉄器。

今では南部鉄器の定番、鉄瓶も内側をステンレス製やホーロー製に加工したものが主流が移り変わってきています。

色を付けた南部鉄器なども作られるようになって、海外では大変人気が高い器となっています。

今回は、そんな南部鉄器による工芸品をご紹介します。

南部鉄器による色々な工芸品

鉄瓶兼急須

インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介


instagram(@__________7hm7_____)

南部鉄器の鉄瓶は、水を入れて直火で沸かすと鉄分が含まれたお湯となり、鉄分不足による貧血気味の人にもおすすめです。

こちらの鉄瓶は、お茶とお湯を注いで使う急須としても使うことができます。

トンボ帽子掛け

インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介


instagram(@暮らしのほとり舎)

帽子掛け用のフックとして使う、南部鉄器製のトンボ帽子掛け。

トンボをモチーフとした可愛らしい姿ですが、漆黒色の南部鉄器特有の落ち着いた色が、日本家屋のお部屋にしっくりと馴染みそうですね。

カラー付きのティーポット

インテリアとして置いても素敵!一生使える【南部鉄器】の工芸品をご紹介


instagram(@rika.i.house)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.