くらし情報『お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう』

2018年9月11日 00:40

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう

続いて、30がさしているのは、目に入ってくるポイント、二次的な色の割合です。

インテリアの中でいうと、ソファやテーブルなどの家具全般をはじめ、クッションやラグなどの小物、ディスプレイするアートなども含まれます。

こちらは、ベースカラーを白、ポイントカラーをピンクにしてまとめたリビングです。

アクセントカラーに10をさく

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう


instagram(@manwithahammer)

最後の10は、アクセントになる色にさく割合です。

インテリアのアクセントは、上述のポイントとはまた少しちがっています。

例えば、季節ごとのディスプレイや、お花のアレンジなどをさします。実はこの黄金ルールは、男性ファッションで考えるとわかりやすいそう。

たとえば、60はスーツ(ジャケット+パンツ)、30はシャツ、10はネクタイとなります。

色の組み合わせはどうするか

色の相関図をお手本に

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう


instagram(@METROCS)

「60-30-10」の黄金ルールを取り入れるために、次は色をどう組み合わせていくのかを考えなければなりません。

美術の教科書などでカラーホイールと呼ばれる色の相関図を目にしたことがある方も多いと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.