くらし情報『お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう』

2018年9月11日 00:40

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう

インテリアでの色選びにも、この相関図が役に立ちます。

相補的なカラースキーム

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう


instagram(@kim_dti)

色の相関図を見たときに、対角線にある色の組み合わせを、補色と呼びます。

補色の組み合わせは、コントラストがはっきりしていることが特徴。

洗練されたイメージを与えるとも言われています。

例えばこちらは、ネイビーブルーとオレンジのドットの組み合わせが相補的。

他には、赤と緑、青と黄なども補色関係です。

類似のカラースキーム

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう


instagram(@interiordesignideas)

色の相関図に隣同士に並んでいる色味は、類似の関係です。

こちらは目立たない代わりに落ち着きを感じさせてくれる組み合わせ。

家族が過ごすスペースや、寝室などゆっくりくつろぎたい場所におすすめの組み合わせです。

こちらは、エメラルドグリーンのソファに、ゴールド系の家具や小物を合わせたアイデア。

相関図でグリーンとイエローは隣同士なので、バランスもぴったりです。

下から上に向かって明るい色に

お部屋の印象を劇的に変える!「60-30-10」の黄金ルールで色を取り入れよう


instagram(@europeadeviviendas)

同じ色でも、トーンによって明るくなったり暗くなったりしますね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.