くらし情報『設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具』

2018年8月18日 00:30

設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具

目次

・収納しやすい作りつけ家具を作ろう
・まとめ
設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具


https://www.instagram.com

新築の住宅を作る時やリノベーションをする時など、家の間取りを設計する際は、考えなくてはいけないことがたくさんありますね。

一般的には家を作るのは人生に1度のこと。なるべく後悔しない設計を行いたいですよね。

今回はそんな設計の時に知っておきたい作りつけ家具のアイディアをご紹介します。

収納しやすい作りつけ家具を作ろう

リビングの壁一面に

設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具


instagram.com

作りつけ家具には大小様々なものがありますが、どうせ作るなら大きなものを作るのもいいですね。

こちらでは天井まで届くオープンシェルフと、扉つきの収納を組み合わせているので、隠す収納と見せる収納、そしてディスプレイと3つの用途に使うことができますよ。

仕切りと兼用で

設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具


instagram.com

ダイニングキッチンとリビングの仕切りの役割も持つ、作りつけ収納。

キッチン側には棚をつけて食器などの収納スペースとして、リビング側には大きなテレビが置けるスペースを作った収納棚として、両面から使える便利なアイテムです。

デスクも

設計時に知っておきたい!おうちを広く使いやすくしてくれる作りつけ家具


instagram.com

家を設計するときに多くの人が頭を悩ませるのが、梁や柱を隠したいけれど、部屋のスペースは大きく取りたいというもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.