くらし情報『【連載】無印の「パイン材ユニットシェルフ」VS「スタッキングシェルフ」違いやメリットまとめ♪』

2020年4月10日 02:00

【連載】無印の「パイン材ユニットシェルフ」VS「スタッキングシェルフ」違いやメリットまとめ♪

目次

・新生活にもおすすめ!無印の「長く使える」優秀シェルフ
・無印のシェルフ2種類、それぞれのメリットは?
・それぞれのメリットを生かしてシェルフ選びを!
【連載】無印の「パイン材ユニットシェルフ」VS「スタッキングシェルフ」違いやメリットまとめ♪


https://folk-media.com

新生活にもおすすめ!無印の「長く使える」優秀シェルフ

春からの新生活で、新しくお部屋づくりをしたり、家具を購入されるという方も多いのではないでしょうか?

そんなお部屋づくりにも、無印の家具や収納が大活躍!

無印のシェルフは、無印のバスケットや引き出しなどの収納モジュールがぴったり合うので、収納を組み立てやすく、ライフスタイルに合わせて長く使うことができます。

今回はそんな無印のシェルフ2種類、「パイン材ユニットシェルフ」と「スタッキングシェルフ」について、それぞれの違いやメリットなどを比較してまとめました。

家具選びやお部屋づくりの参考にしてみてくださいね!

無印のシェルフ2種類、それぞれのメリットは?

パイン材ユニットシェルフ
パイン材ユニットシェルフ


https://folk-media.com/

1つ目は「パイン材ユニットシェルフ」

パイン材で作られたナチュラルな風合いのシェルフです。幅・高さ・奥行きがそれぞれ選べて、さらに無印の各種バスケットなどもぴったり収まります。

スタッキングシェルフ
スタッキングシェルフ


https://folk-media.com/

2つ目は「スタッキングシェルフ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.