くらし情報『おしゃれな空間作りのために♪インテリア別に見る部屋作りのポイント!』

2019年1月4日 17:30

おしゃれな空間作りのために♪インテリア別に見る部屋作りのポイント!

親しみやすい要素を取り入れて、居心地の良い空間に2


instagram.com

キッズルームをモノトーンでまとめる場合、こちらのインテリア例のように「子どもが親しみやすいモチーフ」を取り入れるのがおすすめです。

モノトーンでまとめながらも壁面をドット柄にして、ハウス型のブックシェルフやテントなど、子どものワクワク感をくすぐるモチーフがふんだんに取り入れられています。

「ブルックリンスタイル」で「無骨さ」や「渋格好いい」魅力をアピール

インダストリアルな要素を積極的に取り入れる

インダストリアルな要素を積極的に取り入れる


instagram.com

ブルックリンスタイルと言えば、無骨で渋みを感じさせる格好良さが魅力です。

そうした魅力をより強調するのであれば、こちらのようにコンクリートブロックや古レンガといったインダストリアルなモチーフや、アンティークな舵など、年季を感じさせるグッズなどを積極的に取り入れるのがおすすめです。

インダストリアルな要素を積極的に取り入れる2


instagram.com

こちらのインテリア例では、古レンガモチーフの壁面を取り入れたり、ヴィンテージ感のあるレザーソファやネイティブな雰囲気のヘリンボーンなどを取り入れることで、ブルックリンスタイル特有の渋みのある格好良さをアピールしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.