くらし情報『使い心地が良い場所に。ライフスタイルにフィットするワークスペースの作り方』

2019年1月31日 21:30

使い心地が良い場所に。ライフスタイルにフィットするワークスペースの作り方

ソファと組み合わせて配置すれば、家族との会話も楽しめますね。

お子様から目を離せないという人にもぴったりのレイアウトです。

ワークスペースの作り方4


instagram(@kanaria_ouchi)

作業場所を大きく取れない人はデッドスペースを活用してみましょう。押入れやクローゼットでも代替可能です。

棚を取り付けたり、収納ボックスを活用したりと空間全体に工夫ができる場所です。

デスク選び

ワークスペースの作り方5


instagram(@before_room)

場所が決まったら用途にあったデスクを見つけましょう。奥行きの短いコンパクトなデスクは、デジタル作業がメインの人におすすめです。

必要最低限のスペースで、すっきりとしたレイアウトが可能。

ワークスペースの作り方6


instagram(@METROCS)

アナログ作業がメイン、またはデジタル作業と並行する人は大きなサイズのデスクがおすすめ。

棚が付いていない平机は後から収納キャビネットを組み合わせられるので、レイアウトを好きにアレンジしたい人にもぴったりです。

ワークスペースの作り方7


instagram(@m035_kurashi)

長机は作業工程ごとにスペースを確保でき、スライドしながら流れ作業を行えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.