くらし情報『「汚し加工」で叶えるかっこいいDIY☆ひと手間かけた作品は一味違う!』

2019年2月27日 21:40

「汚し加工」で叶えるかっこいいDIY☆ひと手間かけた作品は一味違う!

目次

・ペイントでできる本格派サビ加工
・シャビーシックな汚し加工
・ちょっぴりペイントで個性派な汚し加工
・ステインやワックスを用いた汚し加工
・まとめ
「汚し加工」で叶えるかっこいいDIY☆ひと手間かけた作品は一味違う!


https://www.instagram.com

木材や100均のアイテムを駆使したDIYはすっかりおなじみになりました。DIYは基本的に素材をカットしたり組み立てて作りますが、仕上げとして「汚し加工」を施すことでより本格的になります。

そんな汚し加工は、ペイントなどを用いて様々な技法で行いますが、できることなら作品やその時の気分で使い分けたいものですね。

そこでこの記事では、多彩な汚し加工の方法を事例と一緒にご紹介していきます。

ペイントでできる本格派サビ加工

汚し加工DIYペイントエイジングリメイク缶サビ加工


instagram(@mirionrose)

汚し加工として一般的になりつつあるのが、ペイントを用いた「サビ加工」です。アイテムを古く見せる技法で、「エイジング加工」とも呼ばれています。

サビ加工に使うのはアクリル絵の具で、スポンジになじませてポンポンと軽く叩きつけるようにペイントしていけばOK。

アイテムの端部分に施すことで、本格的な仕上がりが可能です。

汚し加工DIYペイントリメ缶英字ロゴラベルサビ加工


instagram(@ichisworks)

様々なアイテムを金属風に仕上げるアイアンペイントをベースにすることで、サビ加工もより本格的に。

空き缶にアイアンペイントやステッカーを施し、その上からアクリル絵の具でサビ加工をしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.