くらし情報『水回りの救世主!《珪藻土アイテム》の活用方法をご紹介します☆』

2019年6月25日 18:00

水回りの救世主!《珪藻土アイテム》の活用方法をご紹介します☆

キッチンの水回りや食品保存に

キッチンの水回りや食品保存に


instagram(@natsu._.log)

soilの「ドラインドエッグ」は見た目も可愛らしいタマゴ型。

珪藻土と炭でつくられた調湿と脱臭の2つを兼ね備えたアイテムです。

どちらも自然の素材なので、冷蔵庫に入れて使う時も安心です。

キッチンの水回りや食品保存に2


instagram(@marukooo29)

お米は暑い場所や湿気の高い場所では、虫がわいたりカビが生えてしまうこともあるので要注意!

こちらは、soilのドラインドブロック。元々は長方形の形を4つまで割って使うことができます。

キッチンの水回りや食品保存に3


instagram(@hara.gram)

マーチソン・ヒュームのボトルの下には、珪藻土コースターを引いて液だれやぬめりを対策。

シンプルなデザインなので見える位置に置いたままでも気になりません。

キッチンの水回りや食品保存に4


instagram(@natsu._.log)

しっかりと封をしていても、蓋を開けたりしめたりしているうちに容器の中に湿気が入ってしまいます。

そんな時は、珪藻土のスプーンがおすすめ。soilの軽量スプーンは、7.5ccと5ccの2サイズ。色も写真のホワイト以外に、ピンクとグリーンの合計3色が展開されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.