くらし情報『【金木犀(キンモクセイ)の花言葉】甘い香りが印象的な花に込められた意味を解説』

2019年6月28日 21:00

【金木犀(キンモクセイ)の花言葉】甘い香りが印象的な花に込められた意味を解説

目次

・金木犀について
・金木犀の名前の由来
・金木犀の特徴
・金木犀の花言葉
・金木犀の楽しみ方
・金木犀の花言葉に関連した作品
・金木犀の花言葉まとめ
【金木犀(キンモクセイ)の花言葉】甘い香りが印象的な花に込められた意味を解説


https://www.hanasouvi.com

今回は、金木犀の花言葉についてご紹介していきます!

金木犀と言えば、小さなオレンジ色の可愛らしい花をつけ、甘く香る匂いとともに秋の訪れを感じさせる樹木です。クチナシやジンチョウゲとともに3代香木とも言われ、その甘い香りからお香や香水などとてもポピュラーなものとして人気です。

また、さまざまな効果効能も期待できることから、精油やエッセンシャルオイルとしても利用されています。

そんな金木犀の花言葉には、とっても素敵なものやちょっぴり怖いイメージを抱くような裏花言葉もありますので、興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいね!

それでは、金木犀の花言葉や名前の由来、楽しみ方など詳しく解説していきます。

金木犀について

金木犀は、モクセイ科モクセイ属の植物で原産地は中国です。江戸時代ごろ日本に渡ってきたと言われています。

学術名は「Osmanthus(オスマンサス)」と言ってギリシア語の「osme(香り)」と「anthos(花)」が由来となった言葉です。

原産地の中国では「丹桂タンケイ)」「木犀(モクセイ)」「桂花(ケイカ)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.