くらし情報『【カトレアの花言葉】「ランの女王」と呼ばれる優美な花の意味を解説』

2019年6月29日 21:00

【カトレアの花言葉】「ランの女王」と呼ばれる優美な花の意味を解説

目次

・カトレアの名前の由来
・カトレアのマメ知識
【カトレアの花言葉】「ランの女王」と呼ばれる優美な花の意味を解説


https://www.instagram.com

カトレアの花言葉をご紹介!

カトレアと言えば「ランの女王」とも呼ばれる豪華な花ですよね。時おり胡蝶蘭と混同されることもありますが、胡蝶蘭とは別の花です。

華やかで気品がある姿が人気で、近年では様々な種類が花市場を賑わせています。切り花やアレンジメントの主役としてもよく利用されていますよね。

でも、巷では「怖い花言葉がある」という噂もあるようです。本当にカトレアの花言葉は怖いのでしょうか。

この記事では、そんなカトレアの生態や花言葉を大特集します!

カトレアについて

カトレア 花言葉


https://pixabay.com/

カトレアの学名は「Cattleya」ラン科カトレア属に属しています。

原産地は中南米で、野生のカトレアは40種から80種に及ぶと言われています。

だいたい通年お花屋さんで扱ってはいますが本来の開花時期は10月から2月のちょっと寒い季節となっています。

モノによっては18cmにも及ぶ大輪になるカトレア。ですが、最近ではミニカトレアやミディカトレアなどもでてきています。

近縁種を交配することで、扱いやすく小さな花を咲かすことに成功したようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.