くらし情報『【アイリスの花言葉】「虹の女神」が由来の花を種類別・色別に解説』

2019年6月25日 21:00

【アイリスの花言葉】「虹の女神」が由来の花を種類別・色別に解説

目次

・アイリスについて
・アイリスの名前の由来
・アイリスの特徴
・アイリスの種類
・アイリスの花言葉
・アイリスの色別の花言葉
・アイリスの種類別の花言葉
・アイリスの花言葉まとめ
【アイリスの花言葉】「虹の女神」が由来の花を種類別・色別に解説


https://www.photo-ac.com

私達日本人にとって、とても身近で馴染み深い花の一つである「アイリス」。青や紫、白などカラーも豊富で、公園や水辺などで見かけることも多いですね。

今回はアイリスの花言葉を種類別・色別にご紹介します。

アイリスについて

アイリスとは、日本に古くからある野生種のアヤメ・カキツバタ・ハナショウブや、ヨーロッパや地中海が原産のジャーマンアイリスなどアヤメ科アヤメ属に分類される植物の総称です。

多くのアイリスは4月〜6月に見頃を迎え、色とりどりの花を咲かせます。

アイリスの名前の由来

アイリスの名前の由来は、ギリシャ神話に登場する「イリス」という名の女神からつけられています。

全知全能の神・ゼウスの妻・ヘラに仕えるイリスは、ヘラにとても可愛がられていました。が、ゼウスがイリスを見初めてしまい、困ったイリスは「私をどこか遠くへ行かせてください」とヘラに懇願しました。

ヘラはイリスに七色の首飾りをつけ、髪の毛にお酒を3滴垂らし、虹の女神に変身させました。

虹の女神であるイリスは英語で「Iris」となり、花の名前のアイリスとなりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.