くらし情報『【すずらんの花言葉】実は毒を持つ花に込められた意味を解説』

2019年6月20日 16:30

【すずらんの花言葉】実は毒を持つ花に込められた意味を解説

目次

・すずらんについて
・すずらんの名前の由来
・すずらんの特徴
・すずらんの花言葉
・すずらんの花言葉まとめ
【すずらんの花言葉】実は毒を持つ花に込められた意味を解説


https://cdn.pixabay.com

すずらんの特徴や花言葉をご紹介します。すずらんといえば可憐で可愛い清楚なイメージの反面、毒を持つ花としても有名な花です。

とはいえ、小さな鈴の形の花を下向きに咲かせる姿が可愛らしいすずらんは、春のシンボルとして日本だけでなくたくさんの国で愛される花でもあります。

そして花言葉も幸せな意味が多かったり、その反面、少し怖い裏の花言葉もあるという噂も。ここでは、世界中で愛されるすずらんの花言葉や特徴をまとめてみました。

今まで知らなかった新しいすずらんの魅力に出会えるかもしれません♪

すずらんについて

日本だけでなく世界で愛される花

日本だけでなく世界で愛される花


https://pixabay.com/

すずらんはキジカクシ科の多年草で、小さな白い花が釣鐘状についていて、ベル型の花が連なり、下向きに咲くのが特徴です。よく見る花色は白色ですが、ピンク、赤、黄、紫など多数の色があります。寒さに強く、日本では特に北海道を代表する花として知られています。

すずらんは4〜6月の春から初夏の季節にかけて咲くユリ科の花で、5月が最盛期。春の訪れを知らせる花としても代表的な花です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.