くらし情報『かさばりやすいキッチン用品をキレイに!スッキリみせるための収納術をご紹介』

2019年6月26日 23:30

かさばりやすいキッチン用品をキレイに!スッキリみせるための収納術をご紹介

目次

・フライパン・お鍋収納は「取り出しやすさ」を考える
・シンク下の雑貨類の収納は、「インナーボックス」を活用
・ケースを使ってスッキリと見せる、キッチンツール・カトラリー収納
・食器棚収納はラックやスタンドを有効利用する
・調味料・乾物収納は種類ごとにボトルを統一する
・冷蔵庫収納にも「インナーボックス」を取り入れる
・「吊るす収納」で、インテリアとしても楽しめるようにする
・まとめ
かさばりやすいキッチン用品をキレイに!スッキリみせるための収納術をご紹介


https://www.instagram.com

お鍋やフライパン、カトラリー、食品、掃除用品などなど、キッチン雑貨はどうしてもかさばりがちとお悩みの人は多いと思います。

キッチンの限られたスペースを上手く使って、スッキリ収納がしたいという人に、今回はぜひオススメしたい収納術をご紹介します。

快適なキッチン作りのために、収納のコツを知っておきたいという人は、ぜひご覧になってください。

フライパン・お鍋収納は「取り出しやすさ」を考える

仕切りなどを上手く使うことで、使い勝手の良い収納に

仕切りなどを上手く使うことで、使い勝手の良い収納に


instagram.com

フライパンやお鍋の収納をスッキリと使いやすくするためには、「仕切り」を作るのがオススメです。

例えば、こちらの収納例では、食洗機下の空きスペースに合板とプラ板を組み合わせたもので棚にします。

持ち手を手前にすることでフライパンがスッと取り出しやすいようにしています。

仕切りなどを上手く使うことで、使い勝手の良い収納に2


instagram.com

シンク下にフライパンを収納したい場合は、こちらの例が参考になります。

ステンレス製の鍋スタンドを利用して、フライパンを縦置きにすることで、取り出しやすいだけでなくシンク下スペースの節約も行っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.