くらし情報『時短+食材を有効活用できる解決策!フリージングで毎日の食事作りの負担を軽減しよう』

2019年8月29日 11:00

時短+食材を有効活用できる解決策!フリージングで毎日の食事作りの負担を軽減しよう

目次

・はじめに
・ご飯は一度に炊いて冷凍
・食材を保存する時のコツ
・冷凍機能を使って美味しい料理をいつでも
・まとめ
時短+食材を有効活用できる解決策!フリージングで毎日の食事作りの負担を軽減しよう


https://www.instagram.com

はじめに

気温が高く、食材が傷みやすい夏。せっかく買っておいた野菜やお肉が早く傷んでしまっては残念ですよね。また、暑いのでキッチンに立つ時間も出来るだけ減らせると嬉しいところ。

そんな悩みを解決してくれる時短テクニック、「フリージング」(=冷凍保存)。今回は、冷凍機能を存分に生かした料理作りのコツをお伝えします。

ご飯は一度に炊いて冷凍

小分けにして冷凍庫へ

食材 フリージング 冷凍


instagram(@nabeka2016)

炊いた後時間が経ったご飯は固く食感が悪くなりがち。炊き上がった早めの状態で冷凍保存するのがおすすめです。

一食分のサイズで、蓋をしたままレンジにかけられるタッパーがあると解凍の際に便利です。

食材 フリージング 冷凍2


instagram(@_____mai.3)

写真のように、一度別の四角い容器に入れて形作ったご飯を冷凍するのも場所の節約になります。

ご飯は一度トレーや冷凍庫の熱冷まし機能を使って、余熱を取りましょう。

食材 フリージング 冷凍3


instagram(@gomarimomo)

形作ったご飯をこのように縦に並べて冷凍するとすっきり!上から見ても残量が分かりやすく使いやすいですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.