くらし情報『ラグはリビングの顔!インテリアを足元から整えるテクニックとは?』

2020年2月11日 13:30

ラグはリビングの顔!インテリアを足元から整えるテクニックとは?

目次

・ラグで変わる部屋の印象
・お部屋の主役級「柄物ラグ」
・「無地」は最強の引き立て役者
・ラグを主役にするかサブにするかを決めること
ラグはリビングの顔!インテリアを足元から整えるテクニックとは?


https://www.instagram.com

ラグで変わる部屋の印象

家族団らんの場であるリビングには、ゆったりとくつろげるスペースが必要ですよね。

そんな時に重宝されるラグですが、多くの面積を占めるアイテムだけに、お部屋のインテリアに与える影響は大きいものです。

今回はラグを中心とした素敵なインテリア実例をご紹介していきます。

お部屋の主役級「柄物ラグ」

シックなデザインでお部屋を引き締める

シックなデザインでお部屋を引き締める


instagram(@mad2y)

昔からある海外デザインの柄物ラグは、存在感も抜群。

シンプルな家具との相性も抜群なので、インテリアのポイントとしても使えるアイテムです。

お部屋全体と大体のカラーを合わせて選べば、デザインが浮くこともなく良く馴染みます。

毛足の短いものが多いので、通年使えることも魅力のひとつです。

ボタニカルインテリアはモノトーンラグと合わせる

ボタニカルインテリアはモノトーンラグと合わせる


instagram(@botanical.0715)

緑をたっぷりと取り入れた温室のようなおしゃれインテリアです。

基本のカラーは木のブラウン。全体を邪魔しないモノトーンなら、大きなラグであっても問題なし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.