くらし情報『【連載】リビングが狭くてストレス…。そのお悩み、間取りの交換で解決しましょう!』

2020年8月2日 02:00

【連載】リビングが狭くてストレス…。そのお悩み、間取りの交換で解決しましょう!

目次

・リビングが狭くて、ストレス
・間取りに多い、「田の字型」の家具レイアウト
・ダイニング家具とリビング家具、どちらが大きい?
・リビングとダイニングを入れ替えすると、お部屋が広くなる!
・家具のレイアウトを見直そう
【連載】リビングが狭くてストレス…。そのお悩み、間取りの交換で解決しましょう!


https://folk-media.com

リビングが狭くて、ストレス

在宅勤務や自粛生活が増え、リビングに家族がいる時間がふえました。しかし、リビングが狭くて、ストレスを感じていませんか?

家が狭いから、無理!とあきらめる前に、試してもらいたいことがあります。

今回は、いまの間取りを交換するだけで、広くて動きやすいリビングにする“目からうろこの家具レイアウト”について、ご紹介いたします。

間取りに多い、「田の字型」の家具レイアウト

田の字型 家具 レイアウト


https://folk-media.com/

日本の住宅の間取りは、3LDKから4LDKが一般的です。

上図の間取りは4LDK戸建ての2階の様子です。このような間取りは、「田の字型間取り」といわれ、マンションにもたいへん多い間取りです。

田の字型 家具 レイアウト2


https://folk-media.com/

この「田の字型間取り」ですが、子どもが小さいときは、上図のように、下の部屋を洋室として、リビング学習などをさせることができます。

ダイニング家具とリビング家具、どちらが大きい?

田の字型 家具 レイアウト3


https://folk-media.com/

また、リビング学習を必要としない年齢になったときは、上図のように、2部屋を可動間仕切りでつながった1つのLDとして使うこともできます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.