くらし情報『魅力的なカラーボックス活用法&リメイク法☆お金をかけず簡単にできる!』

2018年1月27日 08:30

魅力的なカラーボックス活用法&リメイク法☆お金をかけず簡単にできる!

目次

・カラーボックスの種類
・ニトリのカラーボックス活用法
・カラーボックスのリメイク
・まとめ
魅力的なカラーボックス活用法&リメイク法☆お金をかけず簡単にできる!


https://www.instagram.com

「市販のもので気に入った収納ボックスがない」「お金をかけずに家具を作ってみたい」そう思っている方も多いのではないでしょうか?でも、DIYに慣れていないので、どんな材料を揃えていいかわからないし、上手く作れるか不安。初心者さんにとって、いきなり木材を組み立てるのはハードルが高いですが、カラーボックスのリメイクならチャレンジしやすいのでおすすめです。どんな活用法があるのか?リメイクしたら、どんなものが作れるのか?ご紹介します。

カラーボックスの種類

サイズや段数
一般的なサイズは、2段が幅42×奥行き29×高さ59cm。3段は高さが88cm位です。

棚板の調整で分類
カラーボックスには、大きく分けて棚板が固定されているタイプと、棚板の高さが自由に動かせる可動棚タイプの2種類があります。どちらが良いかは、中に収納するものや、使う用途にもよります。収納として使うには、入れるものの高さが変わったりするので、可動棚タイプの方が便利です。棚板が固定されているタイプの方が、強度が強くなります。

どこで買えるの?
ホームセンターや、ニトリなどのインテリア系量販店には、いろいろなタイプが揃っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.