くらし情報『小さな海の町に佇む工房から世界へ。【Sghr スガハラ】のガラスアイテムの魅力』

2018年2月21日 08:00

小さな海の町に佇む工房から世界へ。【Sghr スガハラ】のガラスアイテムの魅力

目次

・職人たちがひとつひとつ丁寧に作り上げる【Sghr スガハラ】のガラス製品
・まとめ
小さな海の町に佇む工房から世界へ。【Sghr スガハラ】のガラスアイテムの魅力


https://www.instagram.com

昭和7年の創業以来、一貫してひとつひとつ職人の「手作り」にこだわってきた日本発のブランド、『Sghr スガハラ』。千葉県九十九里の小さな海の町に佇む『菅原工芸硝子』のガラス工房で毎日創り出される作品は、どれも職人の想いが詰まった人の温もりを感じるものばかり。

『Sghr スガハラ』のガラス製品は、手にした時の感触が心地よく、またガラスの色やフォルムの美しさに思わずうっとりしてしまいます。そんな毎日のさまざまなシーンをより上質に、素敵に演出してくれる『Sghr スガハラ』のガラス製品を、暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

職人たちがひとつひとつ丁寧に作り上げる【Sghr スガハラ】のガラス製品

小さな海の町に佇む工房から世界へ。【Sghr スガハラ】のガラスアイテムの魅力


http://www.cotogoto.jp/

『菅原工芸硝子』のガラス工房があるのは、房総半島の東側、千葉県九十九里町。昭和7年に東京・亀戸で創業し、この風光明媚な海の町に工房を移したのは今から約50年以上前のことです。10代から70代までの約40名の職人を有し、手仕事のガラス工房としては国内有数の規模を誇ります。

そんな『菅原工芸硝子』の工房では今も変わらず、手仕事によるガラスづくりにこだわり、年間200点以上もの新作を生み出し続けています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.