くらし情報『デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!』

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!

2018年3月25日 21:00
 

目次

・収納できる場所はまだまだ沢山!見逃している場所はない?
・まとめ
デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


https://www.instagram.com

うちは物が多いから…部屋が狭いから…と、散らかったお部屋やキッチンを諦めていませんか?

実は収納できる場所は、思った以上にたくさんあるもの。

ここでは隠されたデッドスペースの収納や、賢い収納方法をご紹介していきます。

収納できる場所はまだまだ沢山!見逃している場所はない?

部屋の隅の無駄な空間を有効活用

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@rika.i.house)

収納しようにも収納ケースやタンスを置くと部屋が狭くなる…間違いない考え方です。

でも、置く場所や収納デザインによっては、お部屋に圧迫感を与えず収納場所を増やすことができます。

画像はお部屋の一角、何も置いていない場所にデザインを揃えた収納ケースを置いたアイディア。

ナチュラルなカラーやデザインを統一することでお部屋に圧迫感を与えず、収納場所を確保できます。

ソファー&ベッド下は最も有効活用したい場所

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@kahoru1215)

見逃しがちなのが、ソファーやベッドの下。

特にソファーはリビングにあるため、絶好の収納場所です。

ソファー下にぴったり合う収納ケースがなかなか見あたらなければ、 DIYで作ってしまうのが一番手っ取り早いしお財布にも優しいです。

ソファー下にナチュラルに馴染むデザインにしましょう。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@safaiapo925)

同じようにベッド下も収納場所として使用しましょう。

こちらはベッド下の引き出しに、綺麗にキャンドゥのケースを収めた収納方法。

タンクトップや靴下などの細かいインナー類をしまうのに、最適な場所ですね。

洗濯機の上も余らせないで

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@ya2yo8i)

洗濯機でいっぱいになってしまう洗面所も、空間を上手に使いましょう。洗濯機上が空いているなら、収納スペースとして活用すると良いですよ。

タオル類や洗剤のストックなどをしまっておくのに便利です。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@nabeka2016)

汚れ物を手洗いする時に重宝するのがタライですが、置く場所に困ってしまいますよね。

洗濯機付近のデッドスペースが余っているようなら、ひっかけてしまいましょう。置いておくより乾燥も早く済みますよ。

冷蔵庫の上、横も意外なデッドスペース

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@parade_318)

案外見逃してしまいがちなのが、冷蔵庫の上です。

冷蔵庫は背が高いものが多いため、あまり上にものを置くという考えはないかもしれませんね。

ですが滅多に使わないものや、大物のストックなどを置いておくのには便利な場所です。

冷蔵庫上は油汚れもひどかったりするので、一度掃除をして防油シートを敷いてから収納場所として活用すると良いですよ。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@YunSamama)

冷蔵庫とキッチンの微妙な隙間も見逃せません。

画像のように細長いラックを作れば、収納スペースを増やすことができます。

調味料やトレーを入れても、キッチンの小物雑貨を入れておくのも良さそうです。

お既存の棚横、キッチンカウンター横も見逃さないで

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@universtworks)

食器棚横やキッチンカウンター横も、収納場所として活用できます。

画像のようにペーパーラックを作ることで、郵便物はもちろん、リモコンやスマホ、タブレットの収納もできます。

1つあると何かと便利ですよ。

棚収納はスタッキングをうまく使おう!

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@nabeka2016)

棚の中は何回整理しても、ごちゃごちゃしてしまいますよね…。

その原因は、スタッキングがきちんと出来ていないからです。
物だけを綺麗に並べても、その場は整頓されていても絶対に使っているうちに乱れてきてしまいます。

スタッキングをして収納場所をくぎることで、いつ使っても整頓された状態なうえ何がどこにあるのか見やすくなります。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@_____mai.3)

食器棚でなんとなく種類違いのお皿をどんどん重ねていったせいで、やたら不安定だったりしませんか?

画像のように2段にくぎれるスタッキングを使うことで、上下の空間を無駄なく使うことができます。

場所をとるのに重ねられないコップ類の収納などにとても便利ですよ。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@minimal._.white)

スタッキングをする場合、なるべく同じ種類のケースで区切るようにしましょう。

バラバラの種類やカラーですと、乱雑なイメージになってしまいます。

「ぶらさげる収納」を覚えよう!

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@hill_zzz)

物をぶら下げておくことで、収納場所を増やすだけでなく、使いやすくなるというメリットがあります。

画像のように、エコバッグを使い分けて、キッチン材料を収納するのも良いですね。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@mirionrose)

こちらはつっぱり式のコートラックです。

横の空間ではなく縦に長く使うことで、お部屋の中を広く見せる高価があります。

バッグやベルトなど、小物が多いけれど収納場所がないという方にオススメの「見せる収納」のアイディアです。

デッドスペースを有効活用☆収納場所を増やしてお部屋を広くしよう!


instagram(@su.mosa.roza)

今流行りのラダーを使うことで、様々なものをすっきり収納することができます。

傘やいつものバッグなど、場所をとる上になるべく玄関に置いておきたいものを引っ掛けておくのにとても便利です。

デザイン的におしゃれなのも嬉しいですね。

まとめ

これからの季節、物も増える機会が多くなると思います。収納場所を今一度見直し、もっとお部屋を快適な空間にできるように工夫してみましょう。

100均アイテムを上手に使ってスタッキング収納を覚えると、とてもすっきりしますよ!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.