くらし情報『DIY初心者さんは気になっている?ディアウォールとラブリコの違いについて』

2018年3月31日 08:00

DIY初心者さんは気になっている?ディアウォールとラブリコの違いについて

目次

・ラブリコとディアウォールの違い
・ラブリコの実例
・ディアウォールの実例
・まとめ
DIY初心者さんは気になっている?ディアウォールとラブリコの違いについて


https://www.instagram.com

壁に穴を開けず、天井と床を突っ張って壁面収納を作る部材「ディアウォール」と「ラブリコ」。

似たような感じだけど、どう違うの?DIY初心者さん向けに違いを比べてみましょう。

ラブリコとディアウォールの違い

どちらも規格サイズの木材に付けるアジャスターのこと

DIY初心者さんは気になっている?ディアウォールとラブリコの違いについて


instagram(@parade_318)

どちらも、どのホームセンターにも売っている2×4という規格サイズの木材に付けるアジャスターです。

これを付けると、天井と床を突っ張ることで、新しい柱になります。女性でも簡単に設置が可能なのは嬉しいですね。

柱にする木材に付ける、アジャスターの他に、棚受けやジョイントの部材もあります。

ラブリコ
特徴

DIY初心者さんは気になっている?ディアウォールとラブリコの違いについて


instagram(@mackey2480)

平安伸鋼工業」というメーカーの商品で、突っ張り棒の技術を活かして、バネ付きのジャッキになっています。そのため、突っ張る強度が強く、耐震性があります。

耐荷重は、2×4アジャスターの場合で、棚板も含めて、柱1本当たり20kgまで。

アジャスターでの突っ張り
ディアウォールのように、スペーサーはありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.