くらし情報『猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!』

2018年4月6日 10:00

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!

目次

・猫と暮らすと起こりがちな家具への被害
・ソファで粗相や爪とぎをしてしまう理由
・対処法
・インテリアで気を付けること
・ソファの素材
・まとめ
猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


https://www.instagram.com

春だから、ソファを買いたい!でも、猫がいると爪とぎや粗相が心配。ソファをボロボロにされたという話も良く聞きます。

どんな素材を選ぶと被害が少ないか、ソファ以外にもインテリアで猫に気を付けたいポイントをご紹介します。

猫と暮らすと起こりがちな家具への被害

粗相
ソファなど、家具やファブリック製品の上で猫が粗相をしてしまった場合、臭いが残ってしまいます。水拭きや丸洗いできるものを選ぶのが望ましいです。

爪とぎ

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@capel_ig)

こちらは、猫が引っかいたパイン無垢材のフローリング。

このように、お部屋のあらゆる所に爪を立て、特にソファで爪とぎをしてボロボロにしてしまいます。

ソファで粗相や爪とぎをしてしまう理由

粗相

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@beans_craft_works)

ソファは、家具の中でも高さがちょうど良くて臭いをつけやすいです。また、爪とぎと同じように、マーキングすることで飼い主に自分をアピールしていることが考えられます。

いつも使っているトイレが気に入らず、ソファの方が落ち着けると感じた場合、ソファに粗相をしてしまうこともあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.