くらし情報『猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!』

2018年4月6日 10:00

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!

飼い主と離れて不安を感じた場合や、高齢猫でトイレまで間に合わない時などにも、粗相してしまう場合があります。

爪とぎ

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@su.mosa.roza)

飼い主さんが使っているソファにマーキングすることで、縄張りを主張したり、素材が気に入って、自分のものだと言っていることが考えられます。

飼い主がソファでくつろぐことが多ければ、爪とぎして自分を見て欲しい、構って欲しいとアピールします。

他には、引越など環境が変わった時や、飼い主さんが出掛けて寂しい時にストレスを感じ、爪をとぐことで気を紛らわせることもあります。

対処法

猫が気に入るようにトイレを工夫する

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@pipicoc)

こちらは、扉付きの収納ボックス内にトイレを作った例です。猫は横の小さい入口から入り、飼い主がお手入れする場合は、正面の大きい扉を開けます。

また、トイレの形状や砂などは、すぐに見つからないかもしれませんが、猫が気に入るものを見つけてあげましょう。トイレの場所を見直すことも1つの案です。

爪とぎやキャットタワーを置く

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@beans_craft_works)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.