くらし情報『猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!』

2018年4月6日 10:00

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!

ラグを敷く場合は洗濯できるものを選ぶ
猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@capel_ig)

猫が粗相する場合を考えて、ラグを敷かないという手もあります。でも、フローリングの足触りが冷たかったり、家具の跡が床につかないようにしたい場合は、お家で洗濯できるラグを選びましょう。

植物にイタズラする猫にはフェイクグリーン

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@su.mosa.roza)

その猫によって、本物の観葉植物をホリホリしてしまったり、イタズラする可能性があります。高いところから吊るしても、届いてしまうこともあるので、フェイクグリーンなどが良いと思います。

ソファの素材

フェイクレザー(合成皮革)
こちらも、水分や汚れが水拭きしやすいということで、ペット向けソファとしておすすめしているインテリアショップもあります。

ですが、本革に比べて耐用年数が短いのがデメリットです。本革より安値なのですが、傷に強くありません。

柔らかい合成皮革は、本革同様爪とぎの対象にされやすいようです。何かの原因で穴が開くと、そこから裂けたり、傷が広がりやすい特徴があります。

レザー(本革)

猫の爪とぎ・粗相の被害が少ないソファ選び☆猫との暮らしで気を付けたいポイントをご紹介!


instagram(@capel_ig)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.