くらし情報『脱マンネリ!濃淡で使い分ける《デニムパンツ》大人のカジュアルコーデ☆』

脱マンネリ!濃淡で使い分ける《デニムパンツ》大人のカジュアルコーデ☆

2018年4月10日 18:00
 

関連リンク

・こなれコーデは足元から!大人女子の毎日スニーカーコーデ
・足元から夏をスタートしたい! 旬の“PVCサンダル”、どれを買う?
・『光りもの』と『インパクトアイテム』で作る。参考にしたいおしゃれなお部屋22選


http://zozo.jp

デニムパンツと一口にまとめても、カラーやデザインで着こなし方は色々。

でも、カラーやデザインを意識せずただ着ているだけだと、コーディネートもマンネリ化してきてしまいます。デニムの濃淡色に注目して着こなし方を変えてみるだけでも、マンネリ化を解消することができるんですよ!

今回は、濃色デニムと淡色デニムに分けて、コーディネートをご紹介します!

淡色デニムはカジュアルに



zozo.jp

淡色デニムはカジュアル感が強いので、そのままカジュアルに着こなすのが無難。

この春は、カジュアルな中にも甘さをプラスした着こなしが人気なので、ぜひ試してみて♪



zozo.jp

きちんと感のあるトレンチコートを羽織れば、カジュアルなデニムコーデにも大人っぽさが加わります。

マニッシュな雰囲気もこなれた印象を与えてくれていますね。



zozo.jp

淡色デニムはさわやかな印象で春夏にピッタリ。

せっかく爽やかさがあるアイテムなので、合わせるものもさっぱりとしたものがいいですね!

チェック柄は配色にこだわって季節感をアピール。



zozo.jp

年中使えるデニムパンツなので、トップスやカーディガンで春カラーをプラスするのもgood!

淡色デニムなら、ブルーの爽やかさと春カラーがマッチして、とっても明るいコーディネートに仕上がります。



zozo.jp

こちらは、デニムとキャップでスポーティー感のあるカジュアルコーデに仕上げていますが、足元に真っ赤なパンプスを持ってくることで、女性らしさをしっかりと表現することもできています。



zozo.jp

メンズライクなシャツを使ったカジュアルコーデには、かごバッグを使って可愛らしさをプラス。季節感もアップするし、一石二鳥ですね!

バケツ型が相変わらず人気です♡



zozo.jp

ライトブルーの爽やかなシャツワンピースをさらっと羽織って、涼しげな印象を。

今季トレンドのギンガムチェックを足元にさりげなく投入することで、春っぽさがぐっと増しますよ☆



zozo.jp

ダメージ加工が入ったデニムパンツは、カジュアル感の強いアイテムなので、フェミニンな花柄ブラウスを合わせても甘くなりすぎません。

絶妙なバランスでおしゃれ度が高いですね!



zozo.jp

ハイウエストデニムは、ウエスト位置が高くなることで、太めのシルエットでもスタイルアップすることができます。

シャツブラウスと合わせると、ラフすぎず大人な仕上がりに。

濃色デニムはきれいめに



zozo.jp

カジュアル感の強い淡色デニムに比べて、濃色デニムは大人っぽい印象。

きれいめな着こなしにも使えちゃいます!

きれいめに着こなすときは、シンプルに仕上げるのがおすすめ。



zozo.jp

ダークなカラーでまとめ、落ち着いた雰囲気に仕上げたコーディネートは重みがあって春っぽさが足りないので、バッグにスカーフを巻きつけてアクセントに。それだけでも季節感が出ますよ☆



zozo.jp

また、小物でさし色をプラスするのもgood!

鮮やかすぎるとコーデから浮き出てしまい大人っぽさが減少してしまいますが、深みのある色味のものを選ぶと、馴染みやすいです。



zozo.jp

ラフなパーカーも、肩にさらっとかければ大人っぽい。

組み合わせ自体はどれもカジュアルなアイテムなのに、色味を落とすだけできれいめな印象に仕上がるんです!


zozo.jp

フリルがアクセントになった白ブラウスは、甘さが出やすいアイテム。

だから、デニムでカジュアルダウンして甘さを抑えるのがベストですが、濃色デニムなら大人っぽさも演出することができます。



zozo.jp

レースブラウスもガーリーなイメージが強いですよね。

でも、春感満載だからどんどん使っていきたいです。

そこで、濃色デニムできれいめに着こなすのがおすすめ。

濃淡使い分けてデニムをうまく使いこなそう!

いかがでしたか?濃淡のカラーを使い分けることで、デニムパンツをもっと上手に使いこなすことができます。

今持っているデニムのマンネリ化を解消するためにも、濃淡の使い分けを意識してみてください♪

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.