くらし情報『本物は買えないからリプロダクトでもいい!憧れのデザイナーズものを愛でる豊かな暮らし』

2018年4月26日 07:00

本物は買えないからリプロダクトでもいい!憧れのデザイナーズものを愛でる豊かな暮らし

目次

・リプロダクトとは
・イームズ「シェルチェア」の実例
・イームズ「アームシェルチェアロッカーベース」の実例
・フリッツ・ハンセン「セブンチェア」の実例
・ルイス・ポールセン「AJブラケット」の実例
・アルネ・ヤコブセン「エッグチェア」の実例
・カルテル「コンポニビリ」の実例
・まとめ
本物は買えないからリプロダクトでもいい!憧れのデザイナーズものを愛でる豊かな暮らし


https://www.instagram.com

デザイナーズ家具や照明器具に憧れるけど、高くて買えない。本物を買うほどこだわりはないけれど、デザインを楽しみたいという方。リプロダクト品を安くインテリアに取り入れてみませんか?

もちろん、安いなりのリスクを事前によく確認することが必要です。今回はリプロダクト品のメリットやデメリットと、リプロダクト品をお部屋に取り入れた実例をご紹介します。

リプロダクトとは

簡単に言うと、薬で言うところのジェネリック医薬品のようなものです。イームズなど、有名デザイナーがデザインした家具や照明器具の大部分は、意匠権というものがあります。

デザイナーがデザインした正規品は、意匠登録され、同じ形・デザインの商品を製作・販売する年数が決められています。

リプロダクト品は、その意匠権が切れた商品を、正規品にできるだけ忠実に復刻してつくられた商品です。コピー品とは異なります。

メリット
数十万する正規品の、数分の1~半額程度で手に入れて、雰囲気を楽しむことができます。

デメリット
正規品より安く売るために、デザインが少し違っていたり、品質が劣っている商品が多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.