くらし情報『ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方』

2018年4月15日 08:00

ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方

目次

・どこまで壁を使えるかが鍵
・まとめ
ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方


https://www.instagram.com

インテリア好きの方なら、あれもこれもディスプレイしたいものがたくさん。

今回は、ステキな壁インテリアが充実したお部屋を参考に、オシャレを生み出すための壁の在り方をご紹介します。

どこまで壁を使えるかが鍵

アレンジされた「壁」インテリア

ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方


instagram(@emily_katz)

こちらは海外インテリアらしい、斬新な壁づかいで洗練されたお部屋に仕上がっています。

サロンのように壁に埋め込んでディスプレイされた雑貨や、壁の上部に大きなグリーン達。

もはや壁無しでは成し得ない、バランスが見事なインテリアですよね。

ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方


instagram(@nana_arietta)

おうちの中に隠れ家!?驚きと同時にワクワクが閉じ込められたこちらの壁。

なんと元は押入れだったそうで、奥にはベッドルームがあるのだそう。

見えない奥に、自由自在なスペースを設けてどんなインテリアを楽しめるのも、壁があってこそですよね。

「壁」でお部屋のイメージを変えてみよう

ただの『壁』と侮るなかれ♡オシャレを生み出すための『壁』の在り方


https://www.rigna.com/

光が壁全体まで抜けて、お部屋が広々と感じ、ノンストレスのお部屋が目指せるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.