くらし情報『花の終わった球根どうしてますか?球根の保存方法とこれから楽しめる初夏の花☆』

2018年5月9日 14:00

花の終わった球根どうしてますか?球根の保存方法とこれから楽しめる初夏の花☆

水仙

花の終わった球根どうしてますか?球根の保存方法とこれから楽しめる初夏の花☆


instagram(@sho.candy)

その爽やかで可憐な姿から、派手ではないもののひそかなファンが多い水仙。

水仙の開花時期は1月~4月頃ですが、球根を掘り出すのは葉が枯れて球根が休眠に入る7月以降で大丈夫です。水分を多く必要とする植物なので花が終わっても葉が枯れるまでは水を与えます。

球根を掘り上げたら、分かれている小さい球根を丁寧に手で分け、土を払い日陰で保存します。

初夏に楽しめる植物

カシワバアジサイ

花の終わった球根どうしてますか?球根の保存方法とこれから楽しめる初夏の花☆


instagram(@sho.candy)

柏に似た葉がつくことからカシワバアジサイと名前がついています。

鉢植えのものを購入し、冬の間は葉がすっかり落ちてしまっても、4月に入るころにはみるみる緑の葉が出始め、

5月に入るころにはつぼみをつけ始めます。開花時期はおおよそ5月中旬から7月です。

マットな質感の葉とシンプルな白い花が上品で、一株の鉢が置いてあるだけでもとてもおしゃれな空間を作ってくれます。

秋には葉が赤く紅葉もするので、長い期間楽しむことができます。

アジサイ

花の終わった球根どうしてますか?球根の保存方法とこれから楽しめる初夏の花☆


instagram(@life__03)

梅雨時、曇り空や雨にも映える花といえばやはり紫陽花。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.