くらし情報『ポップな意匠がたまらない!ミッドセンチュリーを代表するインテリアアイテム』

2019年7月7日 08:00

ポップな意匠がたまらない!ミッドセンチュリーを代表するインテリアアイテム

目次

・ミッドセンチュリーとは
・イームズの美しい曲線
・数々のアイコンを生み出したジョージ・ネルソン
・500種類以上の椅子を作ったハンス・J・ウェグナー
・まとめ
ポップな意匠がたまらない!ミッドセンチュリーを代表するインテリアアイテム


https://www.instagram.com

ミッドセンチュリーとは

インテリアスタイルの一つであるミッドセンチュリーは、1940年代から60年代にかけて生まれました。

プライウッド(成型積層合板)やFRP(ガラス繊維強化プラスチック)といった新しい技術を取り入れたデザインは、ポップでおしゃれなインテリアにおすすめです。

イームズの美しい曲線

復刻版も大人気の「シェルチェア」

シェルチェア


instagram(@yuuko0217)

ミッドセンチュリーを代表するデザイナーと言えば、まずイームズの名前を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

Charles and Ray Eames(チャールズ&レイ・イームズ)は、夫婦で20世紀を代表する数々のデザインを生み出しました。

中でもシェルチェアは、リプロダクトでも依然として大きな人気を博しています。

遊び心のあるロッキングチェア

アームシェルロッキング


instagram(@minimal._.white)

こちらはイームズのロッキングチェア。「アームシェルロッキング」は、遊び心のあるデザインが魅力的です。

黒の「アームシェルロッキング」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.