くらし情報『ポップな意匠がたまらない!ミッドセンチュリーを代表するインテリアアイテム』

2019年7月7日 08:00

ポップな意匠がたまらない!ミッドセンチュリーを代表するインテリアアイテム

です。

ネルソンは、上述のイームズ負債の才能を見抜き、自身が務めていたハーマンミラー社のデザイナーとして雇用しています。

こちらはそのイームズの「ドロップチェア」と、ネルソンの「サンバーストクロック」がある空間です。

カラフルな「ポールクロック」

ポールクロック


instagram(@leaf_asch)

1949年に誕生した「ボールクロック」は、デザイン時計の定番としてよく知られています。

木製のボールとメタル製のロッドの組み合わせや、カラフルに塗り分けられた色使いなど、まさにポップな雰囲気です。

光を柔らかに見せる「バブルランプ」

バブルランプ


instagram(@株式会社FILE)

ジョージ・ネルソンによって、1952年にデザインされた「バブルランプ」。

中でも、真ん丸なシルエットのこちらは「ボールペンダント」と呼ばれるタイプです。

北欧の照明からインスピレーションを得て、樹脂入りのホワイトプラスティックで半透明の美しいシェードを作り上げました。

500種類以上の椅子を作ったハンス・J・ウェグナー

美しい椅子はインテリアを格上げする

PP701 チェア


Rigna

渉外で500種類以上の椅子をデザインしたとされる、Hans Jørgensen Wegner(ハンス・J・ウェグナー)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.