くらし情報『初夏に涼を取り入れる。北欧ヴィンテージガラス・「エリック・ホグラン」特集』

2018年6月8日 11:00

初夏に涼を取り入れる。北欧ヴィンテージガラス・「エリック・ホグラン」特集

目次

・エリック・ホグランとは
・テーブルウエア
・インテリア雑貨
・フラワーベース
・ガラスキャンドスタンドツリー型
・まとめ
初夏に涼を取り入れる。北欧ヴィンテージガラス・「エリック・ホグラン」特集


https://www.instagram.com

ジメジメしたり、汗ばむ陽気がやってきました。扇風機やエアコンを使うだけでなく、インテリアに涼を取り入れる工夫として、涼しげなガラス雑貨を取り入れてみませんか。

今回は、ガラス雑貨の中でも味わい深い、北欧ヴィンテージのエリック・ホグランの作品をご紹介します。

エリック・ホグランとは

プロフィール
1953年から73年までBODA社でデザイナーとして活躍した、スウェーデンのガラス作家です。その後もフリーランスとして様々な作品を残しました。

彼の作風を言葉で表現すると、気泡入り、歪んだ形、プリミティブ(原始的)などが出てきます。それは、感じ方によっては失敗作のように見え、デビュー当時は本国で理解されませんでした。

時代と逆行するデザインですが、不思議と温もりがあり、それが人々を魅了して脚光を浴びていきました。

価格帯
全体的に、雑貨としては高価です。それでも独特の存在感と温かみで、一つあるだけでも味わい深い雰囲気になるでしょう。

コレクターの方が手放す場合、メルカリやヤフオクで売りに出されていることもあります。

取扱い店
北欧ヴィンテージショップや、Atelier-koboなど北欧雑貨の通販などで販売されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.