くらし情報『大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1』

2019年4月30日 11:00

大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1

目次

・【メソッド1】線をつなげて、やわらかい印象に
・【レッスン】流れに沿ってつなげて書いてみよう
・ステップUP
大人の美文字レッスン!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド1
手書きをすることは少なくなっても、お礼状を書いたり、芳名帳に名前を書いたりする機会は意外とあるものです。そんなとき、大人らしい美文字だと印象が上がりますよね。今回は、ペン字講師の萩原季実子さんに、品のある優雅な文字を書くための3つのポイントを教えてもらいます。萩原さんの著書『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』から、3つのうち1つのポイントをご紹介します。ペンを持ってトライ!

【メソッド1】線をつなげて、やわらかい印象に

漢数字の美しい書き方

品のある文字を書くための3つのポイントをお伝えします。
このポイントを押さえれば、誰でも品のある名前が書けるようになります。
ひとつ目のメソッドは線をつなげて、やわらかい印象にすることです。
タテ線、ヨコ線をつなげると、文字はとたんにやわらかな印象になります。
まずは一、二、三から練習し、線のつなげ方を覚えましょう。
やわらかさを出すポイントは、次の線へのつながりです。
「一」を書くときも次の字へのつながりを意識して、書き終わりは止めないで内側に向けてすっとハネを入れることで、印象はぐっと変わります。
「三」のように2本、3本と線が増えていったときは、すべての線をつなげずに最後の2本だけをつなげること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.