くらし情報『自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3』

2019年5月6日 11:00

自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

目次

・【メソッド3】ハライはスキマをあける
・【レッスン】抜け感あるハライを書いてみよう
・ステップUP 「木」を書いてみよう
自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3
一番手書きする機会が多いのは、「自分の名前」です。書類などにも自筆で名前を書くことが求められることがありますよね。ペン字講師の萩原季実子さんによると、簡単なポイントを押さえるだけで、誰でもきれいな文字を書くことができるようになります。前回に続き、萩原さんの著書『自分の名前がきれいに書ける!萩原季実子の大人の美文字レッスン帳』から、3つ目のメソッドをご紹介します。

【メソッド3】ハライはスキマをあける

自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

「人」や「大」などはハライに特徴を持たせて印象を変えます。ポイントはスキマをつくること。
「人」「木」「大」などのハライが使われている漢字は、右ハライの書き方を工夫するだけで、女性的なやわらかな印象を与えます。ポイントは、線をつなげずに少しだけスキマをつくり、最後をしっかり払わずにトメルことです。

【レッスン】抜け感あるハライを書いてみよう

「人」「大」「美」の文字を右ハライのスキマを意識しながら書いてみましょう。

ステップUP 「木」を書いてみよう

自分の名前がきれいに書ける!ペン字講師が教える「上品な文字を書く」メソッド3

応用編は「木」です。二画目の最後をとめず、三角目につながるイメージでペンを動かします。 四画目は人で練習したハライ。スキマをあけて上品に。一連の動作を流れるようにできると美しく書けます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.