くらし情報『待っていてよかったね 10年間保護施設で暮らした犬 ついに家族ができる』

2021年10月27日 10:32

待っていてよかったね 10年間保護施設で暮らした犬 ついに家族ができる

高齢に加え、目が見えず、脚が1本ない。きっと多くの人は、この犬は世話が大変だと思い、トーフには愛してくれる家族は現れないでしょう」と語っています。

生まれてすぐに家族ができる幸運な動物もいれば、一度も家族と呼べる人がいないまま一生を終える子もいます。

一般的に高齢で、障がいや病気をもつ保護動物は里親が決まりにくいといわれます。

しかし、高齢でも、障がいがあっても、すべての動物は最愛の家族と穏やかに暮らしたいと願っているはずです。トーフがこれからはダニラさんの家族として、1日でも長く幸せな時間を過ごせるといいですね。

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.