くらし情報『トンボの目を「宝石みたい」と園児 続く言葉に「大人との違いを実感」の声』

2021年10月27日 17:09

トンボの目を「宝石みたい」と園児 続く言葉に「大人との違いを実感」の声

目次

・『世紀末ブローチ』
・でこ先生の『実録保育士でこ先生』が発売中!
トンボの目を「宝石みたい」と園児 続く言葉に「大人との違いを実感」の声

かつて保育士をしていた経験を元に漫画を描いている、でこぽん吾郎(@Dekopon_56)さん。

作者のでこぽん吾郎さんは女性ですが、漫画内には『大柄な男性保育士』の、でこ先生として登場しています。

『世紀末ブローチ』

でこぽん吾郎さんが、園児とともにトンボを観察していた際のこと。

トンボの目の美しさに感動した園児の『ひと言』は、ある意味で子供らしいものだったといいます。

トンボの目を「宝石みたい」と園児 続く言葉に「大人との違いを実感」の声

宝石のようなトンボの目に興味津々の園児。とても気に入ったのか、園児は「ブローチにしたい」という願いを口にします。

しかし、その方法は「トンボの目だけを集める」という、なんとも無慈悲なもの…!

子供の純粋な好奇心からの言葉と理解していても、トンボの目をくり抜く姿を想像すると、殺伐とした世紀末のような光景に思えてなりません。

発想が世紀末…!

そんなツッコミは心の中にとどめておく、大人なでこぽん吾郎さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.