くらし情報『【婚姻届に判を捺しただけですが 5話】百瀬の不毛な恋の行方・ネタバレあり』

【婚姻届に判を捺しただけですが 5話】百瀬の不毛な恋の行方・ネタバレあり

目次

・『婚姻届に判を捺しただけですが』第5話を振り返る
・今後の見どころが増えた第5話
・百瀬の不毛な恋の行方は…
【婚姻届に判を捺しただけですが 5話】百瀬の不毛な恋の行方・ネタバレあり

Twitterやブログでドラマの感想をつづり人気を博している、あずきごはん(@komadorama)さんによる、新連載。

TBSで始まった2021年秋の新ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の見どころを、あずきごはんさん独自の視点でご紹介します。

偽装結婚という隠れ蓑を用意してまで、兄嫁である美晴(倉科カナ)への恋を大切にしていた百瀬(坂口健太郎)。第5話ではそんな百瀬の恋に1つの区切りがついた。

『婚姻届に判を捺しただけですが』第5話を振り返る

美晴(倉科カナ)が離婚届を置いて家を出た。

美晴を必死で探す百瀬(坂口健太郎)と旭(前野朋哉)。明葉(清野菜名)はそれを見ていることしかできない。そんな中、百瀬は不動産会社の前で美晴と遭遇する。


「旭と離婚して1人で生きていくつもり」と言う美晴に対して、百瀬は「しばらく家にいればいい」と提案したのだった。

美晴は彼女の気持ちばかりを気にして、自分がどうしたいのかを言ってくれない旭に不満を感じていた。

美晴の両親は不満を隠してうわべだけの会話を続けているうちに離婚した。彼女はそれを反面教師にして、向き合っていける夫婦を理想としていたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.