くらし情報『障がいを持つ弟に、中学生の兄が『必ずすること』とは? 「素敵」「涙が出た」』

2022年6月4日 19:43

障がいを持つ弟に、中学生の兄が『必ずすること』とは? 「素敵」「涙が出た」

障がいを持つ弟に、中学生の兄が『必ずすること』とは? 「素敵」「涙が出た」

対人関係の構築に苦手意識を感じたり、なんらかの強いこだわりを持っていたりといった症状を持つ『自閉スペクトラム症』。

発達障害の1つで、他者との会話が難しいことや、言葉を話せない場合があります。

3児の母親である@seikunnoouchiさんが、Twitterに投稿した、子供たちの姿に反響が寄せられました。

『自閉スペクトラム症』の次男に、長男が必ずすること

投稿者さんの次男は、『自閉スペクトラム症』で言葉を話すことができません。普段、周囲の人とコミュニケーションをとる際は、絵が描かれたカードや手話を使っています。

そんな次男に対し、中学2年生の長男は、必ずあることをしながら、コミュニケーションをとるのだとか。

次男が生まれてから、ずっと、長男がしているというコミュニケーションの方法がこちらです。

障がいを持つ弟に、中学生の兄が『必ずすること』とは? 「素敵」「涙が出た」

コミュニケーションの方法とは、話しかける際に、必ず弟の手を握るというものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.