くらし情報『ハチミツを1歳未満の乳児に与えると? 消費者庁の注意喚起に「絶対に忘れない」』

ハチミツを1歳未満の乳児に与えると? 消費者庁の注意喚起に「絶対に忘れない」

※写真はイメージ

自然な甘みとまろやかな食感がおいしい、ハチミツ。

その独特な甘さから、好物の1つとして名前を挙げる子供も多いでしょう。

しかし、ある年齢に達していない子供がハチミツを食べると、恐ろしいリスクが伴うのをご存知ですか。

ハチミツに関する注意喚起が…

消費者の消費生活における安全確保に努める消費者庁が、ウェブサイトにてハチミツに関する注意喚起をしています。

甘くて美味しいハチミツですが生後1歳未満の乳児には与えてはいけません!

乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

消費者庁ーより引用

1歳未満の乳児がハチミツを食べることによって、乳児ボツリヌス症という病気にかかるリスクが高まります。

乳児ボツリヌス症とは、1歳未満の乳児特有の病気。ボツリヌス菌という細菌が体内に入り、毒素を増やすことで、発症するといいます。
便秘が数日間続いたり、全身の筋力低下や哺乳力の低下などにつながったりすることがあるようです。

ほとんどの場合、適切な治療を受ければ治るといわれているものの、まれに亡くなることもある恐ろしい病気だといいます。

甘くておいしいハチミツ。まさか乳児の命にもかかわる危険な側面を持っているとは、初めて知った人は驚きでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.