くらし情報『「世間とのイメージにギャップがある」 木村拓哉が医療現場からの手紙を代読』

2020年4月27日 18:54

「世間とのイメージにギャップがある」 木村拓哉が医療現場からの手紙を代読

※写真はイメージ

2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行が続いており感染者数も増え続けています。

ジャニーズ事務所は、『Smile Up!Project』として所属するアイドルの動画をYouTubeで公開。医療従事者にエールを送るために歌を披露したり、除菌剤の作り方を紹介したりしています。

その中で木村拓哉さんは、自身が主演した2017年に放送されたドラマ日曜劇場『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)で医療の監修などを担当した医師と、最近の状況についてメールでやり取りした上で「世間とのイメージにギャップがある」と訴えました。

動画では、医師や看護師、医療事務の仕事に就く人からの手紙を読み上げています。


木村さんが読み上げた医師の手紙には、コロナウイルスの患者が第一優先になっていることがつづられていました。

現在新型コロナウイルスを発症された患者さんへの検討が第一優先事項となっており、そのほかの医療を受けるべき患者さん、例えば、がんの患者さんの治療などが後回しにされかねない状況となっています。

そのためにも何よりお願いさせていただきたいのは、とにかく不要な外出を避けていただくことです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.