くらし情報『外出自粛で「最も不要な存在」と嘆く花屋の女性 その後の展開にハッとする』

2020年5月8日 10:45

外出自粛で「最も不要な存在」と嘆く花屋の女性 その後の展開にハッとする

と思ったそうです。

農林水産省によると、花には緊張を和らげたり、ストレスを軽減したりする効果があるのだそうです。

外での娯楽が減った人々の心を、癒してくれる存在になることでしょう。

木村さんのエピソードは拡散され、12万件の『いいね』と共感の声が寄せられています。

・こんな時だからこそ、必要な職業だと思います。きれいなお花を販売してくれてありがとうございます。

・生活にうるおいを与えてくれますよね。家の中に1輪あるだけで癒されます。

・私も外出自粛要請が出てから、自宅に花を置くのが欠かせなくなりました。

外出自粛で心が不安定になったり、ストレスが溜まりやすくなったりする今だからこそ、花の力が必要だといえそうです。

2020年の5月は『母の月』

コロナウイルスの感染拡大を受け、9団体で構成される『日本花き振興協議会』では、2020年5月の1か月間を『母の月』とする取り組みを全国の生花店で展開しています。母の日に生花店へ注文が殺到したり、店頭に人が押し寄せたりする状況を緩和し、生花店に勤める従業員や配送業者、利用する客の感染を防止する試みです。

外出自粛で「最も不要な存在」と嘆く花屋の女性 その後の展開にハッとする

店舗によりますが、1か月間に延長することで、5月中旬〜下旬に旬を迎える花を贈ることもできるのだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.